ブタメンの値段は昔と変わった?1食のカロリーや味の種類もチェック!

子供も大人にも人気のブタメン。

昔なつかしい駄菓子のカップ麺ですが、昔と値段が変わったようです。
筆者の記憶では昔は50円だったような気がするのですがどうだったでしょうか?

そこで、今回は現在のブタメンの値段を調べてみることにしました。

ついでに

  • コンビニ、スーパー、通販の中で一番安いのは何処か?
  • 1食辺りのカロリーはどのくらいか?
  • 現在の味の種類はどうなっているのか?

についても調べましたよ。

ブタメン好きの方、ご興味のある方、ご覧になって下さい。

スポンサーリンク

ブタメンの今の値段は昔と変わった?

ブタメンは1978年に発売されました。

最初はブタメンではなく、ベビースターラーメンのミニカップ麺でした。

当時の値段は30円だったそうです。

今の値段は大体税込価格76円になります。

やはり、昔とは違いますが、物価がちがうから仕方ないですね。

となると筆者がブタメン全盛期だった90年代頃はおそらく中間の50円ぐらいだったのでしょう。

ブタメンのカロリーは高い?低い?

気になるカロリーは1食分で163kcalです。

あれだけ小さいことを考えるとまあまあのカロリーでしょう。
それに、何と言ってもおやつですし・・。

ちなみにポテチ1袋(60g)のカロリーは337kcalだそうなので、まあポテチを1袋食べるよりはマシということですね。

スポンサーリンク

味の種類は昔より増えた

筆者の時代は確か「とんこつ味」だけだっと記憶していたのですが、いつの間にか味の種類も増えていました。

以下が現在のラインナップです。

とんこつ味

おやつカンパニー ブタメン とんこつ味x15個 

とんこつ味です。
ブタメンと言えばやっぱりコレ!
子供から大人まで人気の定番商品です。

しょうゆ味

おやつカンパニー ブタメン しょうゆ味x15個 

しょうゆ味は完全に初見でした。
今思えばなぜスタンダードのしょうゆを差し置いてとんこつが先立ったのか不思議な気もしますね。

タン塩味

おやつカンパニー ブタメン タン塩味 (15個入)

塩味ではなくタン塩というのがブタメンらしいですね。
あっさり系だけど、コクのあるスープが人気です。

カレー味

おやつカンパニー ブタメン カレー味x15個 

皆大好きカレー味。
こちらは濃厚な味のスープで人気の商品です。

夢のブタメンBIGバージョンも登場してた!

「ブタメンがもし普通サイズだったら嬉しいのに…」

子供の頃そんな風に思いませんでしたか?
いつの間にかその妄想が実現していました。笑

筆者もさっそく食べてみたのですが、
・・・やっぱりブタメンはあのサイズだから良かったんだなと感じました。笑

ちなみにBIGバージョンでわさび味も発売されていたので、気になった方は試してみてください↓↓

スポンサーリンク

ブタメン味の評判!世間のみんなはどう思ってる?

ブタメンに対する味の評価はどうなのでしょうか?
気になったので調べてみました。

やっぱりミニサイズだからいいんだっていう人も結構いましたね。笑
でも、味自体の評価は概ね高評価。

特に新作のわさび味はなかなかの好評でしたね。
筆者の地元には売っていないのでAmazonで購入してみたいと思います。

スポンサーリンク

どうせならお得に!ブタメンが安く買えるのはどこ?

通販ならAmazonが安い!

調べてみたところ、通販だとアマゾンの15個入り1022円が最安でした。
1個あたりが約68円といったところですね。

プライム会員になれば、送料無料ですからかなりお得です。

「でも15個もいるか?」

と思う人もいるかもしれませんが、ブタメンの15個なんて下手したら1週間でなくなります。笑

せっかくならブタメンをしっかり堪能するためにまとめ買いもありだと思いますよ。

Amazonより安い!ダイソーが圧倒的に最安だった!

意外なところでAmazonよりも安かったのが我らが「ダイソー」

ダイソーでは2個セットが100円で販売しているので、実質1個50円(税抜)。
20個買っても1000円です。これは安い。

もしダイソーに行く機会があれば、ブタメン爆買いしちゃいましょう。
ダイソー最高。

スポンサーリンク

ブタメンは時代を超えてさらに進化していた

ブタメン、懐かしい味ですね。
とんこつ、カレー、タン塩、醤油という4種類の味があり、それぞれ人気があります。

カロリーは163kcalですから、そこまで太ることはないでしょう。
お値段は昔30円、今は76円となりましたが、アマゾンのまとめ買いやダイソーを利用するとお得です。

個人的にはわさび味が気になったので、これから挑戦してみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク