バカマツタケの値段はいくら?名前の由来・味の口コミ・販売店について

バカマツタケって何でしょう?

名前の由来やどんな味なのか、どこで売っているのか、気になるところです。

調べてみましたので、気になると言う方、興味のある方、買いたいと思う方はご参考になさってください。

スポンサーリンク

バカマツタケってなあに?名前の由来も知りたい!

バカマツタケという名前を聞いたことはありますか?

何のことでしょうか?

マツタケ、それとも別のもの?

どうして、そのような名前なのかも気になるところですね。

バカマツタケとは、マツタケではなく、様々な木が生えている雑木林に生えているマツタケに良く似たマツタケよりは小ぶりで赤みを帯びたキノコのことなのです。

普通のマツタケは松林に生えますから、育ち自体も別物ということになります。

つまり、バカマツタケと何とも面白い名前で呼ばれる由来は、発生時期が他のマツタケと全然ちがうからです。

発生時期は普通のマツタケより早いので、あわてんぼうさんということで「バカ」がつくのでしょうか。

ちょっとかわいそうですが、なんだか憎めないようなかわいさがありますね。

でも、2015年より「高級菌根性きのこ栽培技術の開発」という農林水産省による委託事業の研究対象となり、奈良県森林技術センターと森林総合研究所が林の中で人工的子実体発生に成功したそうですから、もうバカではありません。

スポンサーリンク

味の口コミはある?

残念ながら、味の口コミはまだありません。

というのも、まだ広く普及していないためでしょう。

ただ、奈良県森林技術センタ―の言葉がありますので、引用します。

「バカマツタケ」の見た目と味わいはマツタケとほぼ同じだが、香りはマツタケよりも強い食用きのこ

他にもこのような情報がありました。

バカマツタケは、松茸によく似ていて、うまいとされています。

大きさがやや小ぶりなだけで香りも味もマツタケに劣らないし、香りにたってはマツタケよりも強いくらいとのこと。

バカマツタケを「さまつ」と呼んで、珍重する地域もあります。

マツタケと変わらなくてお値段が安いのならば、主婦としては捨てておけませんね。

筆者も入手してみたいと思いました。

スポンサーリンク

販売店はあるの?

そこで、気になる販売店を探してみましたが、今のところはありませんでしたので、これから販売が待たれます。

たぶん、これだけ話題をさらっているのですから、近いうちにAmazonや楽天あたりで販売してくれるのではないかと筆者は期待しています。

そこで、ご提案。

よくスーパーで、販売してほしい商品が合ったら、店長にお申し出くださいという貼り紙をみませんか?

筆者はよく小田急OXというスーパーに行くのですが、そこで見かけたことがありますし、実際にお客様のご要望の品というものが売っていることもあります。

皆さまもよく行かれるスーパーに「バカマツタケ」の販売をお願いしてみてはいかがでしょうか?

筆者は小田急OXにお願いしようかなと思っています。

そのようなわけで、近々の販売が期待される「バカマツタケ」の情報でした。

スポンサーリンク

まとめ

「バカマツタケ」は本来のマツタケと違い、雑木林に生えるキノコで生える時期もマツタケより早いです。

そのようなところから「バカマツタケ」というなんともユーモラスでキノコにしてみたら、ちょっとかわいそうな名前が付いたと言われています。

味はマツタケと変わらないようなので、入手してみたいものですが、まだ販売店もありませんし、通販もしていません。

今後の展開が期待される「バカマツタケ」です。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください