いろはす白桃を飲むと太る?気になる成分やカロリー・砂糖は?

フレーバー付きのいろはすって甘いですよね。

水分補給を意識していろはすを飲んでいる方も多いと思いますが、味付きってぶっちゃけカロリーとかどうなってるの?

そんな疑問をお持ちのあなた。

今回は気になるいろはす白桃のカロリーや成分、飲み続けたら太るの?なんて疑問にすっきりお答えしたいと思います!

これを読めば味付きいろはすのぶっちゃけ疑問もばっちり解消ですヨ!!

スポンサーリンク

いろはす白桃のカロリーは高い?

気になるいろはす白桃のカロリーは100mlあたり、19kcal。

500mlのペットボトル一本あたりは約100kcalということになりますね。

コカコーラはこの2.5倍ですから、たしかにジュース系を飲むよりはだいぶ低カロリーだとわかります。

一般的な目安として、3食以外の間食は、食品や飲み物を合わせて1日200kcalまでと言われていますので、甘いコーヒーやジュースだとあっという間にオーバーしてしまいますね。

そこでいつも飲んでいる飲み物をいろはすに変えるというところから、お水を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

低カロリーで美味しく、水分を摂ることは健康にも美容にも良いですよ!

スポンサーリンク

砂糖はどのくらい入ってるの?

それでは今度はあの甘い味について。

ペットボトル1本に一体砂糖はどれくらい含まれているのでしょうか?

まず、いろはす白桃には果糖と砂糖が入っています。

この2つを合わせた糖類として表示されているのを見ると、100mlあたりに4.8g含まれていることがわかります。

500mlのペットボトルだと24gということになりますね。

これは角砂糖6個分です。

こうやって置き換えて考えると、思ったより多い気がしますね。

一般的なお菓子に比べれば少ない値ですが、味付きのお水というイメージよりはジュース寄りに感じられる、なかなか驚く量でした。

飲み物はこってり甘いのが好き!という方には物足りないかもしれませんが、それなりに糖分が含まれているため、いろはす白桃で水分&糖類補給をしたい方には程良い商品と言えます。

飲み物一つでおやつ代わり!という考えで飲むと良いかも…?しれませんね。

スポンサーリンク

どんな成分が入ってるの?

続いてはいろはす白桃に含まれている成分を見ていきましょう。

ナチュラルミネラルウォーター、糖類(果糖、砂糖)、塩化Na、モモエキス/酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)

以上のようになっています。

メインはお水ですので、白桃のほんのりとした甘みや香りが引き立っています。

いろいろな味が出ていますが、どれも美味しいのがまた良いポイントですね!

ぶっちゃけ飲んだら太るの?

さて、これが最も気になるポイントですが、率直に言うと、

いろはす白桃を飲んだだけでは太りません。

確かにカロリーも糖質もゼロではありませんが、例えばいつも甘い飲み物を飲んでお菓子を食べていたものを、いろはす白桃に変えることができたとすると、大幅に摂取カロリーを減らすことができるのです!

フレーバー付きのお水で水分補給グセが付けば、体内のめぐりも良くなって一石二鳥。

おやつタイムももちろん楽しいですが、週に何日かいろはす白桃を取り入れてみたら、ちょこっとダイエット効果も期待できます。

私自身も、コーヒーが大好きなのですが、カフェイン中毒になりそうな勢いですので、健康のためにフレーバー付きのお水を時々飲んでいます。

ほっと一息つけますし、お水なので体に浸透する感じがくせになりますよ。

特に夏場や乾燥する冬場のオフィスなどで、美味しく水分補給できるいろはすはおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今や様々なフレーバーのお水がお店に並んでいますが、詳しくカロリーや糖分を見ると意外としっかりした清涼飲料水なのだな、とわかりましたね。

ダイエット中、口さみしいときなどに飲むのもおすすめだなと感じました。

それでもカロリーはゼロではないですし、糖質もしっかり含まれているので、くれぐれも飲みすぎないように気をつけてくださいね。

まだ白桃フレーバーを飲んでいない筆者、コンビニへ走ろうと思います。

それではまた!

スポンサーリンク