iPhoneのバッテリー交換はどこで出来る?費用や手順について

バッテリー交換でお困りの方のための記事です。

iphone バッテリー交換ができるところ、掛かる費用についてまとめてみました。

また、自力でDIYというのも可能ですのでそれについても触れてみます。ご参考になさって下さい。

スポンサーリンク

iphone バッテリーは2年位しか、もたない!

iphone バッテリーはどの位もつものか気になるところですが、どうも2年位で調子が悪くなるという人が多いようです。

たぶん、バッテリーが減っているのでしょう。

というのも、2年位たつと電池がすぐに減ってしまう、充電しても100%にならないなどという電池関係のトラブルが多くなるからです。

このような状態になってしまったらまず、バッテリーが消耗しているのではないかと考えて良いでしょう。

iPhoneのバッテリー交換はどこで出来る?費用や手順は?

アップルストアに電話かオンラインえバッテリー交換を頼むか、直営店に持っていきましょう。

あんず

アップルストアの場合、アップル製品限定保証またはAppleCare+の保証対象であれば、無償で交換してくれます

AppleCare+に加入しているかわからないという場合は、アップルのサイト内で確認できます。

加入していれば、無料でバッテリーサービスを受けられるようですから、確認した方が良いでしょう。

対象のiphoneをご紹介しますと、iphoneSE、iphone6、iphone6Plus、iphone6s、iphone6sPlus、iphone7、iphone7Plus、iphone8、iphone8Plus、iphoneXです。

保証対象外であっても、2018年12月までは3200円でバッテリー交換をしてもらえるそうですが、1台につき1回限りになります。

対象以外のiphoneだと保証対象ならば無料ですが対象外だと8800円ですから、なかなか高額かもしれません。

修理の申込は電話かオンラインです。

申込みはこちらのページから

申込後、配送業者が集荷に来てくれますから、修理希望のiphoneを渡すと一週間ほどで修理済みのiphoneを届けてくれます

AppleCare+に加入しているのであれば、エクスプレス交換サービスも利用可能です。

MEMO

エクスプレス交換サービスとは?

エクスプレス交換サービスは AppleCare+ の特典の一つです。新品または新品同様の iPhone を宅配便でいち早くお届けし、その場でお客様の iPhone と交換させていただく便利なサービスです。

つまり、新品と交換してくれるってわけね☆

あんず

または、お近くのアップルストア直営店かアップル正規サービスプロバイダに予約して持ち込みでも修理可能

但し、調べたらバッテリーが原因ではなかったということもあります。

スポンサーリンク

自力でDIY

とにかく、お金を掛けたくないという人はこのように自力でDIYも出来ます。

器用な人やDIYが趣味という人には、良さそうですね。

上記に書きましたように、2018年12月まで修理代金が3200円ということで安くなるのですが、そのためかアップルストアは混んでいるそうですから器用であれば自分でやってしまった方が早いかも知れません。

筆者はDIYに自信がないので、どんなに待ってもアップルストアでやってもらいたいと思いますが、「腕に覚えあり」の人は是非とも自力で頑張ってみるのも良いでしょう。

上記に一例としてユーチューブの動画をご紹介しましたが、他にも動画がありますので、ご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ

iphoneのバッテリー交換はアップルストアでやってもらえ、保証対象であれば無料ですが、そうでないとお金が掛かります。

ただ、今は安くなっている(2018年12月まで)ので交換希望の人で混んでいるようです。

その他になるべくお金を掛けたくない場合はDIYするという方法もありますから、手先の器用な人は挑戦してみてもいいでしょう。

お好みの方法でiphoneのバッテリー交換をしてみてください。

iPhone SE2は防水になるのか?サイズやイヤホンジャックも気になる!
スポンサーリンク