ハロウィンを楽しむゲームのアイディア!小学校では英語の授業も!?

083987

すっかりハロウィンは、大人も子供も楽しめるイベントになりましたね。

子供たちは英語に触れるいいチャンスです。

今年は子供たちと一緒に、英語の勉強もできちゃうハロウィンのゲームをしてみませんか?

スポンサーリンク

【ハウ メニ― キャンディ?】

布の袋などにキャンディを入れて、手で探りながら何個入っているか当てるゲームです。

キャンディの数は英語で答えましょう♪

最初に1=One(ワン)、2=Two(ツー)…と数え方を教えてから始めましょう。

英語初心者の子には、紙に書いて壁などに貼っておいて、見ながら回答するようにするとみんなで楽しめます。

キャンディを袋に入れるのは、子供同士で交代しながらやってもいいですね。

また、紙やホワイトボードなどに書いて回答するとライティングの勉強もできちゃいます!

見事正解した子には、キャンディをプレゼント☆

【ハロウィンスクランブル】

「Halloween」か「Trick or treat」のどちらかを選び、使われている単語から始まる英語をたくさん書いていくゲームです。

「Halloween」なら、H・A・L・L~など。WeekならW・E・Eが入っているので3点になります。

「Halloween」か「Trick or treat」以外にも、「Witch(魔女)」や「Pumpkin(かぼちゃ)」などの単語でもいいでしょう。

英単語が分からない子には、辞書や英語の絵本などから探し出させてもOK!

答え合わせや得点を数えるときは、子供同士でやっても勉強になりますよ♪

【フライングウィッチ】

箒にまたがった魔女のイラストとUP・DOWN・STRAIGHTと書いたカードを何枚か準備します。

窓や壁に魔女のイラストを張り付けて、順番にカードを引いていきます。

UPが出たら上に、DOWNが出たら下、STRAIGHTが出たら直進という具合に魔女が進んでいきます。

魔女を床に落とした人の負け!

UP・DOWN・STRAIGHTの他に、すごろくのような地図を用意してRight・Leftのカードを混ぜて遊んでも楽しいですよ。

UP・DOWN・STRAIGHTだけでも、建物や鳥などの障害物を用意しておくと盛り上がります♪

スポンサーリンク


【小学校でもハロウィン!】

ハロウィン=イベントという認識が高くなってきました。

小学校でも、ハロウィンだから英語を!という指導案も出ているようです。

外部講師を招いて、英語のレッスンを期間限定で行ったり、子供たちが校外授業で英語のレッスンを受けに行ったりしています。

大人よりも英語に抵抗がなく、ゲームの覚えが早い子供たちなので、英語を使ったゲームはノリノリ♪

子供たちが英語のゲームを覚えて帰ってきたら、家族みんなで楽しんじゃいましょう!

楽しく勉強したことは、なかなか忘れないですからね。

【まとめ】

大人になると、なかなか抵抗が出てきてしまう英語ですが、子供のうちからゲームとして身近に使うことで、英語へのハードルを下げることができます。

なによりも、楽しんでゲームをしてくれるなら「勉強しなさい!」と言わなくて済むのが一番です(笑)

子供たちと一緒にハロウィンのゲームを楽しんじゃいましょう!

よりハロウィンを楽しみたい方はこちら

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ