若い頃の児玉清さんがイケメン過ぎる!娘さんを病気で失った過去とは?

パネルクイズアタック25の司会を35年も務め、「アタックチャンス」というセリフが印象的だった児玉清さん。

司会者としても存在感を発揮する中、木村拓哉さん主演の人気ドラマ「HERO」では主人公を陰で支える次席検事を務め、俳優としても欠かせない存在でした。

残念ながら、2011年に胃がんで死去していますが、現在でも児玉清さんが残した功績は語り継がれています!

今回はそんな児玉さんの若い頃がかっこいいと聞いたので調べてみました!

その他にも娘さんを病気で失った過去についてもまとめましたので、どうぞ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

児玉清さんの若い頃がイケメン過ぎる!?

生前も凛々しく、かっこいいおじ様というイメージの強かった児玉清さんですが、実は若い頃も相当カッコよかったと話題になっています!

役者としても幅広い活躍を見せていました!

20代~30代くらいの児玉さんでしょうか。生前の児玉さんと比べると印象はかなり違って見えますが、目元は私たちの知っている児玉さんの印象のままですね。若々しい児玉さんも爽やかで、やっぱりかっこいいです!

これは30代くらいでしょうか。この頃になると凛々しい児玉さんの面影を感じることが出来ますね!個人的にはこの時の児玉さんが一番カッコいいと思います!

写真がまだ白黒ということに驚きましたが、現在と比べて写真の性能も劣る中、これだけイケメンな児玉さんに脱帽です!

スポンサーリンク

児玉清は最愛の娘を胃がんで失っていた!?

俳優として、司会者として人気を確立していった児玉さんですが、実は最愛の娘さんを胃がんで亡くしています。34歳という若さでした。

ファンの中では有名な話ですが、当時児玉さんは大ヒットドラマ「HERO」の出演を断ろうとしていたそうです。しかし娘さんが木村拓哉さんとの共演なんて凄いことだと出演を熱望したそうです。

娘さんの一言で出演を決めた児玉さんは見事、「HERO」には欠かせない人物となり、児玉さんが亡くなってからのHERO続編では、児玉さんへのメッセージがドラマのエンドロールで放送されました。

残念ながら、児玉さんは76歳で帰らぬ人となってしまいました。

そして児玉さん自身も娘さんと同じ病気、胃がんで命を落としています。このように同じ病気で亡くなってしまったのは悲しいことですが、個人的にはその事実に娘さんとの絆や愛を感じました。

児玉さんは生前、娘さんの話をするとこが多かったようです。娘さんの死が自分自身の生き方を変えたとも発言しています。
そのことから児玉さんがどれだけ娘さんを愛していたか、お判りいただけると思います!

そんな児玉さんだからこそ、亡くなった後も語り継がれ、多くのスタッフや共演者から尊敬させる存在になっているのだと思います!

さいごに

今回はクイズアタック25の司会で有名な児玉清さんについて調べて分かったことは、若い頃は本当にイケメンだったということ。

娘さんを胃がんで亡くしていて、児玉さん自身も胃がんで亡くなっていたということが分かりました。

その他にも、児玉さんの娘さんに対する愛情や人柄も知ることが出来きました。

今後もその功績は語り継がれるでしょう。

スポンサーリンク