【最大88%OFF】年に一度のAmazon特大セール!サイバーマンデーを今すぐチェック!

平野紫耀の歴代彼女の噂まとめ!現在の彼女は匂わせで話題の平祐奈!?

平野紫耀

 現在人気急上昇中の平野紫耀さん。

ドラマ「花のち晴れ」では、学校一の人気者でありながらヘタレな残念男子を見事に熱演しています。

そんな彼の歴代彼女についての噂をまとめてみたところ、驚くほど豪華な顔ぶれが揃いました!

気になる現在の彼女についても掘り下げて調べましたので、是非最後まで読んでいって下さいね!

スポンサーリンク

歴代彼女1人目 横島亜衿さん

横島亜衿(よこしま あえり)さんはAKB48の元メンバーでAKB48に加入する前は、小学生向けのファッション雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍していました。

二人は同じダンススクールに通っていたそうで、その頃のツーショットの写真が出回りました。

また、横島亜衿さんがホワイトデーにお返しのチョコを平野紫耀さんから貰ったとブログで書いたことがきっかけで熱愛の噂が浮上しました。

歴代彼女2人目 川栄李奈さん

新CM女王となった元AKB48の川栄李奈さん。

2人の出会いは平野紫耀さんが主演を務めたドラマ「SHARK」での共演でした。

噂の火種となったのは川栄李奈がTwitterで平野紫耀の話題を出したことでした。

その後、そのTwitterアカウントは一般女性が作ったなりすましアカウントだったことがわかり、ただの噂だったということで落ち着きました。

歴代彼女3人目 桜井玲香さん

ここまで元AKBが続きましたが、3人目となるのは乃木坂46のキャプテンを務める桜井玲香さんです!

AKBもそうですが、乃木坂も恋愛禁止のルールがあったはずですが、どうゆうことなのでしょうか?

噂の真相はというと、あるファンが平野紫耀と桜井玲香の共通点を多数見つけたことから「熱愛をアピールか?」と騒ぎになったといいます。

その共通点というのが、桜井玲香さんのTシャツにポップコーンの絵柄が描かれていたことと平野紫耀が雑誌のインタビューで「最近ポップコーンにハマっていて、開けると全部食べちゃう」と答えたという内容。

また桜井玲香さんは1994年生まれなのに、彼女が持っていたくまのぬいぐるみには「Since1997」と書かれていて、平野紫耀の生まれた年が1997年だということでした。

どれも良く見つけたなぁと感心してしまうような共通点ですが、それがきっかけとなり、イヤーカフが似ている、同じような発言をしているなど次々と情報が飛び交いました。

しかし、聞いて分かるようにどれも熱愛発覚!としてしまうには弱い情報ばかりです。二人が付き合っていた可能性は限りなく低いと思われます。

スポンサーリンク

歴代彼女4人目 星名美玲さん

続いては私立恵比寿中学のメンバーの星名美玲さん。

ツイッターで平野紫耀が夜中に女性と一緒におでんを買っていたという目撃情報が発信され、その時、平野さんが女性のことを「もえか」と呼んでいたとのこと。

星名美玲の本名は「門脇もえか」だそうで、星名美玲と付き合っているのではないかと噂がたったそうです。

ただこの噂は発信元がツイッターで、もえかという名前だけで星名美玲さんが急浮上してきた経緯も不明なため、デマだった可能性が高いです。

現在の彼女は”匂わせ”で話題の平祐奈!?

2018年3月に公開される映画『honey』で共演しています。

本格的なラブストーリーに挑戦したお2人ですが、熱愛が噂される理由となったのは平野紫耀が過去に公開したインコの写真。

その時一緒に写っていた自宅のテーブルと、平祐奈さんのインスタ画像に写り込んだテーブルの木目が同じだったと推測されたのが発端となり熱愛疑惑が取り沙汰されました。

確かに木目かなり似てるね〜

あんず

この平祐奈さんのインスタ投稿にはファンが「匂わせウザすぎる!」などの批判も多く寄せられているようです。(ファンもファンでちょっと怖い…)

ですが、二人が恋人同士という決定的な証拠はなく、あくまで噂とされています。

スポンサーリンク

平野紫耀の彼女の噂まとめ

ここまで平野紫耀さんの歴代彼女疑惑があった人物は横島亜衿さん、川栄李奈さん、桜井玲香さん、星名美玲さんの4名で、現在の彼女は平祐奈さんが最有力だということが分かりました。

どれも決定的な証拠はないものの、平野紫耀さんが、誰と付き合うのかというのは誰もが興味があるということですね!

まだまだ熱愛報道は過熱していきそうです!

平野紫耀は母子家庭で母・里奈は脳腫瘍を患っている?再婚説や年齢についても! 平野紫耀の声ってそんなに変?花のち晴れで見せた筋肉質な姿も話題に! 平野紫耀平野紫耀(ひらのしょう)の出身高校や卒アルは?家族構成や彼女の噂もチェック!
スポンサーリンク