紗栄子とダルビッシュの3つの離婚原因!慰謝料や親権はどうなった?

交際3ヵ月のスピード結婚、その時には妊娠3ヵ月という衝撃的な発表をした、紗栄子さんとダルビッシュ有さん。

一気に燃え上がった恋愛が、約5年で離婚という結末に終わってしまいました。

2人の離婚の原因は?
できちゃった子供と、2人目の子供の親権や慰謝料・養育費はどうなった?

気になる情報をまとめました。

スポンサーリンク

紗栄子とダルビッシュの本当の離婚原因とは?

紗栄子さんとダルビッシュ有さんの離婚原因はいくつかあると噂されています。

お互いに遊びが尽きなかった

紗栄子さんが仕事(生活)の拠点とする東京、ダルビッシュ有さんが拠点にしている北海道、また、紗栄子さんの地元である宮崎を行き来する生活を送っていました。

2人とも会えない日が続くこともあり、紗栄子さんは年下のイケメンと子供を寝かしつけてからの深夜デートを繰り返し、ダルビッシュ有さんはススキノのキャバクラで女遊びをしていました。

寂しさをお互い異性にぶつけてしまったんですね。

紗栄子さんがプロ野球選手の妻としての役割を果たせなかった

大恋愛の末、できちゃった結婚をした紗栄子さんとダルビッシュ有さんですが、紗栄子さんはダルビッシュ有さんのサポートをうまくできなかったことも離婚の原因になりました。

紗栄子さんは料理が苦手で、スポーツ選手にとって大事な栄養管理のサポートができなかったそうです。

結婚時にダルビッシュ有さんは紗栄子さんに、「プロ野球選手の妻になって欲しい」とお願いし、承諾を得たものの、その約束は果たされないままでした。

また、お仕事が好きだった紗栄子さんも、ダルビッシュ有さんに相談なく仕事を詰めてしまったため、ダルビッシュ有さんは仕方なく、栄養管理が行き届く合宿所に身を置くことになりました。

これをきっかけに2人は別居状態になりました。

紗栄子さんが情緒不安定になっていた

紗栄子さんは、癇癪(カンシャク)持ちで、ヒステリック状態になるのもしょっちゅうだったそうです。

そんなとき、ダルビッシュ有さんは紗栄子さんを相手にせず、「はいはい」と軽く流していました。

この状況が、お互いにとってマイナスにしかならず、ダルビッシュ有さんが耐え切れなくなってしまい、離婚を切り出しました。

スポンサーリンク

慰謝料はどうなった?

ダルビッシュ有さんの収入管理は、お父さんであるファルサさんがしていたようで、離婚時のダルビッシュ有さん(ファルサさん)の要求は慰謝料も財産分与も“ゼロ”でした。

紗栄子さんはその要求に黙っていられず、5億円の慰謝料を請求しました。

離婚の原因はお互いにあったことから、慰謝料はなしということに、折り合いがつきました。

親権はどうなった?

息子の親権は紗栄子さんが持つことになりました。

プロ野球選手のダルビッシュ有さんが、2人の息子さんを育てるのはかなりしんどいですので、ここはすんなり決まったそうです。

揉めたのが養育費についてで、夫婦間の慰謝料はなしで話がまとまりましたが、子供に関しての養育費は、紗栄子さんからの高額な金額提示がありました。

紗栄子さんは、2人の息子を何不自由なく育てられる金額であることと、次男が心臓に疾患を抱えており、治療にお金がかかってしまうことから、月1000万円を要求しました。

いくら何でも高すぎる金額に驚きますが、最終的には月200万円に落ち着いたようです。

それでも一般人には考えられない金額ですが…

新しく家庭を持ったダルビッシュ有さんは、今でも月200万円を紗栄子さんに払い続けています。

スポンサーリンク

まとめ

2人の出会いも、“遊び”で、1度だけの関係ができっちゃった婚をする結果になってしまったそうです。

まだまだ若かったので、お互いが自分のために生きてしまっていたのでしょう。

別々の道を歩むようになり、それぞれこの経験をバネに、お互い活躍の場を広げています。

これからも活躍し続けることを願っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

紗栄子の子供の学校はどこ?日本じゃなくイギリスの名門校を選んだ理由とは
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です