YOSHIKIの学歴まとめ!高校時代の偏差値や出身大学について!

YOSHIKI

1990年代を代表するロックバンド「X JAPAN」で一世を風靡したYOSHIKIさん。

バンドのプロデュースしつつ、メンバーでもある、音楽界で大きな活躍をしているYOSHIKIさんの生い立ちや、音楽との歴史を調べてみました。

この調べをきっかけに、私もすっかりYOSHIKIさんの人生に感銘を受けてしまい、今でも根強く残っているX JAPANのファンの方の気持ちが少しだけわかった気がします。

それでは、YOSHIKIさんの人生を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

YOSHIKIのプロフィール

  • 本名:林 佳樹(はやし よしき)
  • 生年月日:1965年11月20日
  • 出身地:千葉県館山市
  • 血液型:B型
  • 身長:173cm

実家は千葉県館山市の呉服屋で、YOSHIさんは長男として生まれました。
弟が1人いて、俳優の林光樹さんです。

出身小学校について

YOSHIKIさんの出身小学校は館山市立北条小学校だということがわかりました。

小学生の頃には、もうすでに音楽と出会っていたYOSHIKIさんは、北条小学校でX JAPANのメンバー・Toshiさんと同級生2人の4人で「DYNAMITE」というバンドを組んでいました。

この頃から音楽の才能を発揮していたように思えます。

11歳のときにロックに目覚め、これがYOSHIKIさんのX JAPANのスタートになりました。

YOSHIKIさんは、音楽の才能はあるものの、少し変わった子供だったようで、給食の食パンをそのまま食べるのが嫌で、家からトーストしたパンを持っていき、先生に怒られたという経験もあるようです。

先生に怒られたYOSHIKIさんは、みんながトーストを食べられるようにと、学校にトースターを2台持って行ったそうです。

普通の小学生では思いつかない発想に驚きです。

スポンサーリンク

出身中学校について

YOSHIKIさんは、小学校卒業後も、そのまま地元の中学校・館山市立第三中学校に進学しました。

館山駅から5分ほどの場所にある、中学校にしてはなかなか敷地が広いと感じる中学校です。

YOSHIKIさんは、小学生のときに活動していたDYNAMITEに、新たにできた友人をボーカルに迎え、バンド名を「NOISE」に変更し、学校のイベントで初ステージを経験しました。

出身高校と高校時代の偏差値

YOSHIKIさんが通っていた高校は、千葉県立安房高等学校です。

こちらも地元の高校で、地元が大好きなYOSHIさんは、館山の地元とToshiさんと一緒にずっと育ってきました。

安房高校の現在の偏差値は59です。

YOSHIさん入学当初の1980年の偏差値はわからなかったですが、YOSHIさんの高校時代の学歴は、1902年の創立以来、下から2番目に悪かったそうです。

在学中に勉強はしっかりしていたそうなので、留年せずに卒業をしています。

バンドのNOISEは大学受験の勉強でメンバーが脱退したので、それを機に解散。

そこから新たに他校のメンバーを集め、「X」を結成。

X JAPANの感じが出てきましたね。

Xでは、カバー曲のほかに、YOSHIさんが作詞作曲をした曲も披露するようになり、小学生からバンド活動をしている経験を活かし、音大に進学することを決め、本格的にピアノを弾き始めました。

スポンサーリンク

出身大学や学部について

バンド活動が認められたのと、音楽のセンスが買われて、YOSHIKIさんはとある音大から推薦合格をもらっていました。

ですが、その時期にToshiさんから、大学に進学せずにバンドの活動に専念したいと、打ち明けられました。

YOSHIKIさんは、Toshiさんと一緒にバンドで成功する夢を追うことを選択し、推薦合格していた音大には入学せずに、2人で上京を果たしました。

上京後、メンバーチェンジを繰り返しながら、バンド活動に取り組み、1986年に「エクススターシーレコード」を設立し、インディーズデビューをしました。

さいごに

いかがでしたか?

幼少期から音楽に触れ合ってきたYOSHIKIさんだからこそ、この世界で大きな成功をし、今でも活躍し続けています。

辛い過去もありましたが、いつも側で支えてくれているToshiさんと共に、今後も体に気をつけながら、体力が続く限り、音楽の世界で活躍してほしいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です