峯岸みなみがAKBを卒業しない理由。「30歳に向けて考えている」の真意とは

人気タレントの峯岸みなみさんはAKBに所属して長いのですが、まだAKBを卒業していません。

その理由、いつ卒業するのかは気になるところですね。

その辺りを調べてみましたので、気になる皆さまはご参考になさってください。

スポンサーリンク

峯岸みなみさんのプロフィール

  • 愛称:みいちゃん、峯岸先生、ガチャピン
  • 生年月日:1992年11月15日
  • 出身地:東京都板橋区
  • デビュー:2005年12月8日
  • 所属グループ:AKB48チームK、ノースリーブス

峯岸みなみさんは人気タレントで最近、単独の活動も多いのですが、上記のように、AKBチームK、ノースリーブスに所属して活動中です。

前田敦子さんを始め、多くのメンバーがAKBを卒業する中で残っているのはめずらしいことで、その理由が気になるという人も多いのではないでしょうか。

彼女ほど人気があって知名度もあるのであれば、グループを卒業してもやっていけそうなのになぜ卒業しないのかなあと筆者も疑問に思います。

スポンサーリンク

峯岸みなみさんがAKBを卒業しない理由「私は私」

「私は私」の歌詞はこちら

上記に挙げましたのは峯岸みなみさんの歌う「私は私」という曲とその秋元康さん作詞の歌詞です。

秋元さんはこの歌詞にマイペースの峯岸みなみさんに向けて「そのままでいいんだよ。」という願いを込めて作ったそうです。

確かに、この歌詞は何だか彼女の気持ちを表しているように思えます。

特に着目したいのは「立ち止まったら歩けなくなってしまうから」という部分。

立ち止まらないためにも、まだグループを続けたいのでしょうか。

もしかしたら、それが彼女にとってのマイペースという意味なのかもしれませんね。

最後の「私は私なんだよね・・・・もう少しゆっくり歩こう」という部分に、彼女の思いを強く感じました。

スポンサーリンク

峯岸みなみの卒業時期はいつ?「30歳に向けて考えている」

2017年のテレビ番組で峯岸みなみさんは卒業について、「30歳に向けて考えている。」という意味のことをおっしゃっていたそうです。

2018年現在で25歳の彼女ですからあと5年位なのかなとも思いますし、結婚願望もありそうな彼女ですから、卒業前に結婚のために引退というのも考えられなくもないですね。

同年代の子供を持つ筆者としては、ちょっと暗さを感じるような可愛らしさのある彼女には女性としての幸せも掴んでほしいです。

何年か前のみそぎ会見は余りにかわいそうで見てられませんでした。彼女はその時は「このままでは辞められない。」と思ったそうです。

峯岸みなみさんは可愛くて守ってあげたいような雰囲気ですが、芯は強い女性なのだと思います。

卒業しない理由は筆者が思うには、まだ自分らしくありたいということではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

峯岸みなみさんがAKBを卒業しない理由は定かではないのですが、彼女なりに思うことがあるのでしょう。

「私は私」という曲にあるように、マイペースでいられる場がAKBなのかもしれません。

でも、30歳をメドに考えたいと思われるような発言もしていますので、あと5年位で結論を出すのかもしれませんね。

どんな結論になるとしても、マイペースに頑張る峯岸みなみさんを皆で応援しましょう。

スポンサーリンク