米津玄師『Lemon』の歌詞の意味を考察してみた!

こんにちは。

今回は、米津玄師の「Lemon」について歌詞の考察をしてみました。

スポンサーリンク

Lemonはどんな曲?

『Lemon』は、米津玄師の2018年3月14日にリリース予定の8枚目シングルです。TBS金曜ドラマ 『アンナチュラル』主題歌として起用されています。
米津玄師 official HPに『アンナチュラル』出演者の石原さとみさんからコメントがありました。

石原さとみさん コメント
全ての動きが止まるくらい、聴き入ってしまいました。めちゃくちゃドキドキしました。ドラマ同様、切なさと怖さと希望を感じました。物語のどこで流れるのかにも注目していただきたいですし、この楽曲を米津さんが歌われている姿を心から楽しみにしています。

引用元:Lemon|米津玄師 official HP

コメントにあるように、切なさ・怖さ・希望を感じられる楽曲になっているように感じました。
この動画は、公開から13時間で100万回再生を超えられたそうです。

◆CD情報◆

2018/03/14(水) Release
1.Lemon
2.クランベリーとパンケーキ
3.Paper Flower

スポンサーリンク

『Lemon』の歌詞を見てみよう

MVでは、”レクイエム”をテーマとして、教会で撮影をしたり祈っている姿が撮影されていたり、と印象深いものがあります。
曲調も、米津玄師ワールドで展開されており、彼らしい音選び、また彼の歌声がよく合う1曲になっていると感じました。

さて、歌詞を見ていきましょう。

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた
言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

切なさで胸がいっぱいになります。
米津玄師の音色、歌声によってより引き立って歌詞のイメージや心が伝わってきます。

それでは、歌詞を考察してみましょう。

スポンサーリンク

『Lemon』の歌詞を考察してみた

全体を通して、大切な人を失った、という前提のストーリーで、
失った形がどうなのか、できたら「死別」という固定概念を捨てて考えたかったのですが、
「レクイエム」や曲調からして、どうしても愛していた人が亡くなったと思ってしまいました。
(ただ、別れた・離れた・居なくなったという点では、死別以外にも考えられると思いますので、個人の見解ということで見てください。)

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる

離れたあと、別れてしまったあと、どうしても夢に出てくる愛しい人。
印象深く、心の奥に棲みついた大切な人は夢に出てくることありますよね。

忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

いくつか思い出される断片的だったり、
確かな記憶となっている思い出が夢の中で微かに思い浮かんだりするイメージなのかなと感じました。

戻らない幸せがあることを
最後にあなたが教えてくれた

戻らない幸せを「最後に」教えてくれた。
愛しい人と過ごせる日がないこと当たり前の毎日がなくなることを、
皮肉にも愛しい人が教えてくれたなんてとても切ないです。

言えずに隠してた昏い過去も
あなたがいなきゃ永遠に昏いまま
きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

昏い=くらいと読みます。
ここでは、「それがどうしてそうなったのか」が「分かっていない」というも含まれている場面になるので、
昏いは暗いにもなると思いますが、永遠に見えないまま、昏い過去は彼女に伝えたかったけど言えなかった思いなども含まれるのかなと思います。

◆MEMO◆
「昏」の漢字自体が持つ意味は、読み方によって違ってきます。
「昏れ(くれ)」と読む時には「日暮れ」を意味し、日が落ちてくる頃(夕方くらい)の時間を表しています。
「昏い(くらい)」の形になる時は「道理にくらい」の意味を持ち、「昏む(くらむ)」では「目がくらむ」ことを意味する言葉になります。
(引用元:「昏い」の読み方/意味/類語/使い方・「暗い」との違い

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

いろんなことがあった毎日、喧嘩した日もあれば、病気で辛かった日もあったり、
でも、大切なあなたとならどんなことも愛しく想える。かけがえのない日々なんですよね。

タイトルの「Lemon」は、曲や歌詞を見る前は「初恋はレモンの味」からきてるのかなーと考えていましたが、
全く、そんなの無縁な歌詞で、むしろほんとに苦い方のレモンの香りだと感じました。

(歌詞引用元:Lemon|米津玄師)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、ドラマを楽しみながら、『Lemon』を改めて聴いてるとドラマともマッチする1曲になっていると感じるかと思います。

スポンサーリンク