濱田美栄コーチ現役時代の成績。クラッシャーと噂される理由とは…

平昌オリンピック4位という好成績を残した宮原知子選手のコーチである濱田美栄さんについて、気になることをまとめてみました。

現役時代の成績、クラッシャーと噂される理由についてです。

濱田美栄コーチとは、どのような人なのか、クラッシャーとは真実なのか、ここで明らかにしてみましょう。

スポンサーリンク

濱田美栄コーチとはどんな人?現役時代の活躍について

写真は濱田美栄コーチの現役時代の写真です。

だいぶ古い物ですね。

選手時代は全日本14位という成績で、オリンピックには出ていません。

同時代には渡部絵美さんという有名なオリンピック選手もいましたから、厳しい時代だったのでしょう。

以下は濱田美栄コーチのプロフィールです。

名前:濱田美栄

生年月日:1959年10月29日

出身:京都府京都市

出身大学:同志社大学

同志社大学卒業と優秀な方です。

大学卒業後からずっとフィギュアの指導をされているそうなので、指導歴36年のベテランコーチになります。

スポンサーリンク

クラッシャーと言われるのはなぜ?

こちらの動画は、濱田コーチの教え子宮原知子選手が平昌オリンピック代表に決まったときの物です。

宮原選手と一緒に感動するコーチの姿が印象的ですね。

このような画面を見る限り、素晴らしい師弟関係に見えます。

また、濱田コーチにも20代の娘さんがいらっしゃるそうですから、娘と同年代の弟子は我が子同然に思うはず。

なのに、なぜクラッシャーという良くない噂があるのでしょうか。

どうも、その噂の根本には宮原選手のケガがあるようです。

宮原選手は2017年に左股関節疲労骨折、右股関節骨挫傷というケガに見舞われました。

そのようなところから、コーチが良くないのではというクラッシャー(生徒をだめにしてしまうコーチ)説が出た様です。

でも、これはあくまでも噂でしょう。

見る限り、二人は仲が良さそうですし、切羽詰った試合の時の二人の親密な様子は良い師弟関係にしか見えません。

どうも、宮原選手はムリをしてまで練習してしまうタイプらしいのです。

ですから、ケガはコーチのせいではないと筆者は思いますし、そのような誤解を受けてしまっては濱田コーチはもちろん、宮原選手もかわいそうです。

このような人を中傷する噂には流されない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

本田真凛選手も教え子

スケートを習いながら、芸能界の子役として活躍中の本田望結(みゆ)さんのお姉さん本田真凛選手も濱田コーチの教え子です。

濱田コーチがメディアに向かって言った言葉は有名になりましたね。

「メディアのみなさんも、あの子に甘すぎる。それに甘えていては競技者としては絶対駄目。真凜が勘違いしてしまうのが怖い」

コーチは、本田選手を守るためにあえてメディアに立ち向かったのではないでしょうか。

このような言葉、選手の将来を思いやるコーチにしか言えない言葉です。

まさに親以上の愛情を注いで、濱田コーチは本田選手を見守っているのだと筆者は思いました。

濱田コーチは、このように愛情あふれる人なのです。

厳しさは師弟愛というより、他に言葉は見当たりません。

選手の親御さん方もこのようなコーチだからこそ、信頼して大事な娘さんを預けているのでしょう。

自身も娘の親である筆者は、ひしひしと感じました。

スポンサーリンク

まとめ

濱田コーチは、スケートを教えることが大好きなのだそうです。

ご自身はオリンピック出場までは行かない選手でしたが、宮原知子選手に代表されるような立派な選手を育てているスケート界第一人者のコーチ。

クラッシャーであるという噂は、真実ではありません。

むしろ、選手がけがなどで潰れないように母親以上に献身的な愛情を注いでいるコーチです。

噂よりも真実に目を向けて、私たちに感動を届けてくれる選手やコーチを見守りましょう。

次回のオリンピックも、濱田コーチの教え子の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です