シマヘビの毒性について!アオダイショウとの違いとは?

こんにちは!

夏になるといろいろな生き物が元気に育ってきますね。

太陽のエネルギーはすごいなぁと実感しています、筆者です。

そして今日の主人公は…可愛らしいつぶらな瞳で登場しました、シマヘビさんです!

日本で見かけるメジャーなヘビさん、「えぇ、気持ち悪い…」なんて言わずにどうぞお付き合いください。

スポンサーリンク

身近なシマヘビ!どんなヘビ?

日本中、どこにでも生息しているシマヘビ。

その全長は80cm~大きいもので150cm、頭からしっぽにかけて体全体に入った4本の縦縞模様が特徴的な姿をしています。(だからシマヘビ!覚えやすいですね)

体は全体的にほっそりとしていて、ウロコが大きめで皮膚に柔軟性がないため、あまり大きな餌は飲み込めないヘビです。

私たちの暮らしの身近な、草むらや河川敷、森の中などを住処として、地面の上を素早く動き、ネズミや小鳥、カエルなどを主食にしています。(弱肉強食ですね…)

特にお好みなのは爬虫類、両生類で、仲間であるはずのヘビも食べてしまうそうですから驚きです。

そして実は彼ら、日本の固有種なのです!日本でしか見かけることのないヘビ、なんて聞くとなんだか愛着が湧いてきませんか?(私だけですか?)

スポンサーリンク

毒はあるのか?!危険性をチェック

主にカエルを食べて生きている彼ら。

私たちの身近なヘビの一種でもあるヘビですが、毒はあるのか?というと…無毒なのです。(安心しました)

シマヘビは毒を持たないヘビなのですね。

ただ、日本に住む他のヘビに比べて神経質で攻撃的な性質が強いそうで、危険を感じると尾を震わせて激しく地面を叩き、威嚇してくるそうです。(怖いですな)

また、毒がないから怖くない!わけではなく、鋭い歯をもつため、噛まれた時には結構痛いとか。

シマヘビの口内から破傷風の菌が検出されたという報告もあり、噛まれることで何かの保有菌に感染する可能性がありますので、噛まれてしまった際にはその部位を水でよく洗い流して、消毒しましょう

また、シマヘビかどうかわからない場合もありますので、ヘビに噛まれたあとは念のため医療機関を受診して診てもらいましょうね。

スポンサーリンク

アオダイショウとはどう違うの?身近なヘビたち

さて、シマヘビと並んで知名度の高いヘビといえば彼らではないでしょうか、そう、アオダイショウ。

筆者も子どもの頃よく彼らを見かけていましたが、なんだか名前ではとても大きくて強くて怖いヘビという印象を持っていました。(しかも降ってくるので恐怖倍増でした。)

彼らは木の上に住んでいることが多く、主食もネズミや小鳥、鳥の卵などを食べています。

そしてこのアオダイショウも、毒を持たないヘビなのです。

シマヘビが攻撃的だったのに対して、アオダイショウは意外と穏やかな性格をしているようです。(それでも木の上から降ってきたら怖いですって…)

体の色は暗い緑がかった色で、体長はシマヘビより少し大きめの100~200cm、胴体の直径は5cmということですからシマヘビよりも大きな獲物の丸呑みに向いていそう。

そして彼らもシマヘビと同じく日本の固有種なんですよ!(やっぱり愛着が湧きます)

アオダイショウの方がより、ねずみを追って人家に入ってきたり、山奥にはいなかったりと、身近なヘビといえるのかもしれません。

住んでいる地域によって模様や色味が変わっていくところもこの二種類とも同じなので、なかなか見分けるのが大変そうです。

ちなみに、ヘビマスターは目を見て二種の違いを判別するそうですよ!かっこいいですね…!

スポンサーリンク

シマヘビとアオダイショウ、まとめてみると…

日本全土に分布していること、身近なところを住処にしていることなどを思うとよく似たこの二種。

ざっくりと比べると、以下のようなかんじでしたね。

シマヘビ

  • 体に縦縞
  • 主に地面を進む
  • カエルが好き
  • 攻撃的
アオダイショウ

  • 体全体が緑っぽい
  • 木の上に住む
  • 鳥と卵が好き
  • 穏やか

一番の安心ポイントは二種とも毒が無いことでしょうか。

それでもやはり特に身近なこの二種のヘビ。

見かけたときは慌てず、いじめず、スルーしてあげましょう。(特にシマヘビに威嚇されないように気をつけたいですね)

お金ともご縁があると言うヘビ。

抜け殻でも落ちていないかな…と探したくなりますね。

いつまでもワクワクしていたい筆者でした。

実際に毒を持っているヘビヤマカガシについても記事を書いているので、良かったら「ヤマカガシに噛まれたら血清が必要?生息地域はどのあたり?」も合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ