ゾンビバエはヒアリの天敵?人間への害や日本の生息地について

夏だ!ビールだ!そしてハエですね…。(可愛いイラストです)

絵では可愛いですが、リアルなハエは見ていて気持ちのいいものではないですね。

不衛生なイメージがついてまわるハエですが、そんな中でも恐ろしいネーミングのハエについて、お話したいと思います!

さて今回のテーマはホラー映画に出てきそうな生き物、その名もゾンビバエ

名前がすごいですが、もしかしたら日本を救う?ゾンビバエについてお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ゾンビバエってどんなハエ?

ゾンビバエはノミバエの一種で、体長1~3mmのとても小さなハエです。

生ゴミや、果物の近くにプーンと飛んでくる小さな虫、みなさんも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?あの小さな虫もノミバエの一種です。

彼らがなぜゾンビバエと呼ばれているかというと、その生態に理由があります。

彼らはアリなどの生き物に寄生して子孫を残す習性があり、寄生しながら生きています。

まずは成虫のハエがアリの腹部にたくさんの卵を産みつけます。

するとアリの体内で孵化した幼虫は体内の栄養を吸いながら成長し、徐々にアリの頭部を目指します。(この間、ヒアリは死んだも同然なのに、さも普通のアリだよ風に生活するものだから、ゾンビみたい!とあだ名がついたそう。)

そして最後には脳を食べて、ぽろりと落ちた宿主の頭を割ってプ~ンと飛び立つのです。(恐ろしいですね…)

しかしながらこの習性のおかげでヒアリの天敵にもなっており、アメリカでは実際にヒアリ対策としてゾンビバエが利用されているそうですよ。

スポンサーリンク

人間には害があるの?ないの?

恐ろしくもアリなど他の生物に寄生するゾンビバエ、人間に対して害はないのでしょうか?

人間に寄生してしまったなんてニュースが出たらたまりません!!が…

ここは、安心してください、大丈夫です。

彼らは生物の中でもとくにヒアリや、ハチの出すフェロモンに惹かれて寄っていき、卵を産み付けるのだそうです。

寄生虫は宿主がそれぞれ決まっている場合が多いですから、その点は安心できますね。

しかし人間に対して積極的に寄生しようとはしないものの、その生態とイメージの悪さから「気持ち悪い」との声が多数です。(ごもっともです。)

ヒアリをターゲットに増殖したとしても、ヒアリが減ってくれば自然にその個体数も減少するため生態系にはあまり影響がないと言われるゾンビバエ。

それにしてもヒアリかハエか、どちらかが増殖する末路とは…選び難いですね。

ところでゾンビバエ、日本にいるの?

ゾンビバエはノミバエの一種とされていますが、日本で見かける小さなアイツは何者なのでしょうか?

日本には約20種類のノミバエが生息しているそうですが、この中にゾンビバエは入っているのでしょうか。

答えは、ノーです。

残念なような、良かったような。(複雑です)

日本で見かけるノミバエは腐った植物や生ゴミに発生し、時には食品にも卵を産み付け食品衛生上の問題となることもあるハエなのですが、ヒアリに寄生する種族ではないようです。

それじゃあヒアリ対策にならないじゃないか!とも感じますが、ヒアリ撲滅のためにゾンビバエを輸入するなんて話も出ているようですよ。(それもなんだか複雑かつ気持ち悪いです)

スポンサーリンク

ハエトーク、まとめ

今回はひたすらにハエについてお話しました。

小さなハエの種類もいろいろ、その生態もいろいろでしたね。

まとめると以下のような感じでした。

  • ゾンビバエはノミバエの一種
  • ゾンビバエはヒアリの体内に卵を産んで孵化する
  • 日本のノミバエは違う種族(ヒアリの敵にはならない)
  • 人間への直接の害はないが衛生上良くない

安心できたような、残念なような、複雑な結論でしたね。

これから日本もさらに暑くなってきます。

ゾンビバエは居ないにしても、この季節、キッチンの厄介者にはあまり遭遇したくないですね。

コバエホイホイでも買っておこうかな、と物思いに耽った筆者でした。

オススメ⇒ヒアリの天敵が日本にいる?凶暴アリの弱点・対策法について調べてみた

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ