菅田将暉が歌う『見たこともない景色』の歌詞について考えてみた

最近、大人気の俳優・菅田将暉さんが歌手デビューされました!
今回は、菅田将暉さんが歌うau CM 三太郎シリーズで流れている『見たこともない景色』の歌詞について考えていこうと思います!

スポンサーリンク

菅田将暉さんってどんな人?

それでは、菅田将暉さんのプロフィールについてご紹介いたします!

1993年2月21日生まれの現在24歳、大阪出身の俳優です。
2008年に開催された『第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』がきっかけで、トップコートに所属することになりました。
歌手デビューは、今年(2017年)に映画『キセキ -あの日のソビト-』で出演した『グリーンボーイズ』でCDデビューを果たし、次いでauのCMソングに起用された『見たこともない景色』でソロデビューソングとなりました。

(公式HP|菅田将暉)

映画、ドラマ、ラジオパーソナリティーなど様々な活動をしている菅田将暉さんは、歌手デビューまで果たし凄い俳優だと注目が集まっています。
「天才だ!」という意見や「ここまできた裏で、凄い努力をされいたんだろうな」という声も多くあがっています。

『見たこともない景色』はどんな曲?

それでは、ソロデビューソング『見たこともない景色』についてご紹介いたします。

今月の6月7日(水)にエピックレコードから発売されたソロデビューソング『見たこともない景色』は、このタイトルの他、『ばかになっちゃったのかな』も同時収録されています。

2016年より放送されているauの三太郎シリーズ「応援編」でサッカー日本代表を応援するCM『au BLUE CHALLENGE』に起用されました。

au三太郎シリーズでは、大ヒットを記録した浦島太郎(桐谷健太)が歌う『海の声』が有名ですが、その楽曲と比較されるくらいにインパクトが強く、また菅田将暉が歌っているとは誰も気づかなかったくらいに綺麗で素敵な歌声でした。

3月21日には、渋谷にあるスクランブル交差点の大スクリーンにて歌手デビューを発表と同時に『見たこともない景色』を流すというパフォーマンスをし、大注目の中のデビューとなりました。

▼CMのフルバージョンはコチラです。

◆CD情報◆

2017年6月7日(水) ESCL-4849(¥1,000-)

 1. 見たこともない景色
2. ばかになっちゃったのかな
3. 見たこともない景色(Instrumental)

(特設サイト|菅田将暉『見たこともない景色』)

スポンサーリンク

『見たこともない景色』の歌詞について考えてみた!

それでは早速、歌詞について考えていきましょう!

今回の楽曲では「応援」をテーマに歌詞も考えられているのかな?という第一印象を受けました。
また、どこか「男らしさ」「頑張りぬく姿」について描写されている印象も感じ、聴いていると勇気と元気を貰える曲です。

泥だらけで進んで
傷だらけでもがくの

サッカー、日本代表を応援するCMで起用されたという点で、『日本』を背負って戦うという意識も感じられる部分には、サッカー日本代表だけに訴えているように一見見えないこともありませんが、ここの歌詞では一概には言えず、むしろ一般な私たちも同じように『日本』を背負って生きているという点は同じ気持ちでいてもいいと思えます。
一緒に、サッカー日本代表を応援しながら自分のことも鼓舞できる歌詞、なんて素敵なんでしょうか。

日本の風に背中押されて
日本の太陽に未来照らされて
泥臭くていい
かっこ悪くていい
そこから見える景色
同じ景色を見よう

また、タイトルにもある『見たこともない景色』ということで、実際に勝利した瞬間や頑張りぬいたその先にある近くも遠い未来は、想像はできても実際その場にならなければ見ることができない景色というのは誰もがわかることです。

ただ、頑張っている最中はそのある意味で『ゴール』と比喩できるその『見たこともない景色』まで辿り着くことが難しいと感じ、楽しいことばかりではなくむしろ苦しい気持ちの方が強くなり、挫折したり諦めたくなったりすると思います。

ですが、歌詞ではそんな気持ちになっても背中を押してくれています。本当に、選手たちだけではなく見ている私たちのことも一緒に「応援」していることが感じられます。

あきらめきれない自分を
自分だけは裏切れない

止まってもいい
逃げ出してもいい
もう一度漕ぎだせば
何かがみえるさ

誰一人同じ道を歩むわけじゃない
自分だけの道を開いて

こんな素敵な楽曲を菅田将暉さんが心を込めて、魂を込めて歌いあげていて実際に聴くと歌詞からも声からも励まされ、また頑張ろうという気持ちになれますよね。

(歌詞提供元:菅田将暉 見たこともない景色)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
既にCDは発売されていますので、ぜひ歌詞の意味を感じながら聴いてみてください。

心に響いてくるものがきっとあるはず…!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ