米津玄師『アイネクライネ』歌詞の意味…キーワードは『親子』?

今回は、米津玄師(よねづけんし)さんの『アイネクライネ』について考察していきます!

 

『米津玄師』ってどんなアーティスト?

『米津玄師さん』についてご紹介いたします。

米津玄師(よねづけんし 1991年3月10日生まれの現26歳/徳島県出身)

ソニー・ミュージックレコーズ所属のシンガーソングライターです。別名、ハチとしてボカロP活動もしています。

中学2年生から作曲活動を開始。『late rabbit edda』というバンドを結成しています。
2009年から、ニコニコ動画へオリジナル曲を投稿開始。
「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「結ンデ開イテ羅刹ト骸」は、聴いたことある人が多いのではないでしょうか。

米津さんのすごい所は、製作をすべて1人でしているところです。
イラストレーターとして、ミュージックビデオで使われるイラスト、動画製作、当然曲・歌詞作りも全て米津さんが1人で行っています。

2013年にユニバーサルシグマから、1st Single『サンタマリア』を出してメジャーデビュー。

 

『アイネクライネ』ってどんな楽曲?

2014年にリリースした2nd アルバム『YANKEE』に収録されている曲が、『アイネクライネ』です。
東京メトロのCMソング(2014年)として起用されました。

米津玄師で初めて聞いた曲は、アイネクライネ!という方が多くいるように感じられるくらい有名な1曲です。

 

東京メトロのCMはコチラです。

 

スポンサーリンク
 

『アイネクライネ』について考察してみた。

まず、曲のタイトルでもある『アイネクライネ』から考えていきます。

『アイネクライネ(=Eine kleine)』とは、ドイツ語でアイネ=Eine:女性、クライネ=kleine:小さなという意味があります。
(モーツァルトの作曲した『アイネクライネナハトムジーク(=Eine kleine Nachtmusik/Nacht:夜、Musik:音楽)』がありますが、こちらは「小さな夜の曲」という意味があり、日本では「小夜曲」と記されていたことがありました。)
直訳すると、”小さい女性・小さな女性”という意味になるのでしょうか。

タイトルだけで見ると、これはもしかして『親子』の曲になるの?と一瞬思うかもしれませんが、あくまでも登場人物の女性を表現しているのだと思います。

登場人物の女性(=主人公)は、自分のことを小さい(ちっぽけ)な人間と考えているのかなと思います。

誰かの居場所を奪い生きるくらいならばもう
あたしは石ころにでもなれたらいいな
だとしたら勘違いも戸惑いもない
そうやってあなたまでも知らないままで

石ころという表現、自分という存在の小ささを表現しているんだなと感じました。
また、彼女自身何か嫌な思い出があったのか、すごく自分という存在自体も否定するくらいの勢いで、ちっぽけな人間だと言います。

でも、幸せになりたい。幸せがほしい。自分を認めてくれる人がほしいと望みます。

産まれてきたその瞬間にあたし
「消えてしまいたい」って泣き喚いたんだ
それからずっと探していたんだ
いつか出会える あなたのことを

消えない悲しみも綻びもあなたといれば
それでよかったねと笑えるのがどんなに嬉しいか
目の前の全てがぼやけては溶けてゆくような
奇跡であふれて足りないや
あたしの名前を呼んでくれた

人間、自分を認めてほしいと思う欲求はもっています。
だから自己主張したり、実際争ってトップに立ちたいというのも、自分を認めてもらいたい考えの現れだと思います。

今回の場合、ずっとお付き合いしていく恋人に当てはめているのだと感じました。

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに
当たり前のようにそれらすべてが悲しいんだ
今痛いくらい幸せな思い出が
いつか来るお別れを育てて歩く

それでも素直に喜びきれないのは、彼女は自信がないのか、はたまた出会って失いたくないと思うからこその不安なのか。

きっと、彼女はそれくらい深く目の前に現れた恋人を愛しているのだと思いました。

歌詞引用元:アイネクライネ 米津玄師

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アイネクライネは、米津玄師の世界観が満載かつ米津の音色、声でますますいろんな想像が膨らむ1曲です。
ぜひ、聴いてみてください!

米津玄師のオススメ曲もまとめているので、良かったらこちらも読んでみてください。

米津玄師ファンの私がオススメするガチの名曲ランキングBEST10!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ