LINEのCM曲「エイリアンズ」がすごくイイと話題!歌詞の意味は?

最近LINEのCMが流れる度に見入ってしまいます。

LINEっぽさは全然ないですが、すごく自然体なCMでイイですよね。

のんさんのあのなんとも言えない表情が素敵です。

それに曲もすごくイイな〜と思います。

おそらく同じように気になっている方も多いと思うので、今回は曲に焦点を当てて記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

のんが出演するLINEのCMが”心地よい”

とにかくシンプルですね。

のんさんがただ立っているだけというだけなのに、なぜか色々なイメージが伝わってきます。

もしかしたらCMを見る人によって受け取るものが変わってくるCMかもしれませんね。

私はなんとなく、「これから何か新しいことが始まりそう」みたいな印象を受けました。

一言で言うと、「ソワソワ感」みたいな。そんな感じです。

しかも実はこの撮影、ほぼ一発OKだったそうです。

のんさんはやっぱりすごく女優さんだなと再認識。

 

曲はキリンジの「エイリアンズ」

このCMの魅力を引き立たせている要素として、曲の存在感も非常に大きいと感じます。

ネットでも「LINEのCM曲誰だろう?すごい好き」といったようなコメントが多数見受けられました。

私も最初曲がとにかく良いな〜と思っていました。

すぐに調べてみたところ、キリンジというアーティストの「エイリアンズ」という曲だということが分かりました。

PV動画はこちら。

とにかく曲の雰囲気と声が素晴らしくいいですね。

朝、昼、晩、いつ聴いても心にスッとなじむような曲です。

スポンサーリンク


歌詞の意味は?

歌詞の解釈はかなり難しい曲なのですが、私なりに意味を考えてみたいと思います。

歌詞の内容はこちらで確認してください

まず、この歌詞全体の世界観を考える上で「エイリアンズ」という言葉をどう解釈するのかが重要だと感じます。

エイリアンといえば、まさに地球外生命体。つまり宇宙人です。

そして、この曲の歌詞は明らかに二人称。「君と僕」のことを歌っています。

エイリアン”ズ”であることから、「僕も君もエイリアンだよね。」ということが前提にあるように感じます。

では、この「エイリアン」という表現は何を指しているのか?

これはおそらく「世間的になかなか理解されづらい人」を指しているのではないかと思います。

でもそれはある特定の人たちを指しているわけではなく、そういった人たち全てを指しているのでしょう。

そしてそんな境遇を抱える同士の二人が「今夜だけは全てを忘れて踊ろうよ」と言って一緒に過ごす。そんな物語が私の中では思い浮かびました。

そしてなんとってもサビの歌詞。

まるで僕らはエイリアンズ。

「禁断の実」頬張っては、月の裏側を夢見て。

君が好きだよエイリアン。

この星の僻地で魔法をかけてみせるさ。いいかい。

ロマンチックですね。かなりキュンとします。

なんとなく私は「俺たちに明日はない」のボニー&クライドを連想しました。

もうあなた以外世界中の全ての人は敵になってしまった。

でもあの月の裏側に行けば、あなたと二人だけで幸せに生きていけるかな?

この歌詞の中に出てくる「エイリアンズ」は、そんな気持ちで二人だけの夜を過ごしたではないでしょうか。

世界で唯一の理解者。

それだけが唯一の自分の支えであり、希望なんだよと。

そんな素敵なドラマを私はこの歌詞から感じました。

もちろん解釈は人それぞれ。

ぜひあなたの感じたことも聞かせてもらえればと思います。

 

まとめ

今回は、心地よいLINEのCM曲について書いてみました。

今回の記事を書くにあたって「エイリアンズ」を深く聴くきっかけになれたのは本当に良かったなと感じます。

もしかしたらLINEという会社は良い意味で他と一緒にならずに「エイリアン」的であろうとしているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ