星野源の新曲「恋」のPVに出演しているダンサーは誰??振り付けも気になる!!

星野源

出典:http://www.barks.jp

星野源さんの曲は耳に残りやすくてとってもいいですよね。

今回の新曲は星野さん自身も出演している「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマの主題歌になっています。

これのダンスを新垣結衣さんがエンディングで歌っていて今話題になっていますよね。

ということで星野源さんの「恋」のPVに注目してみました。

可愛い恋ダンスに注目です!!

スポンサーリンク

 星野源の新曲「恋」を見てみよう!!

ではさっそく新曲「恋」を見てみましょう。

ただキュンとするだけの歌詞ではなくて、なんだか元気になりそうなポップな曲調は星野源さんらしいですね

とっても顔がイケメンというわけではないけどでもなんだか雰囲気からにじみ出るかっこよさ、みなさんもわかりますか??

星野源さんもところどころキレキレで踊っているのがいいですよね^^

このPVもいいんですけどドラマのエンディングもすっごく可愛いんですよね。

女性が見てもとってもキュンキュンしますよ。

 

このガッキーの破壊力すごいと思いませんか??

星野源さんはやっぱりしっかり踊っていますが、新垣さんはなんだか女性らしい可愛いダンスですよね☆

 

ダンサーは誰なの??

PVで踊ってる4人の女性はいったい誰なのか気になりませんか??

ガッキーのダンスと比べてとってもぱきっとしていてかっこいいですよね。

このダンサーはELEVENPLAYといいます。

Perfume、BABYMETAL、リオオリンピックの閉会式などの振り付けを担当したMIKIKOさんが一緒にダンスチームを組んでいたTOMOさんという人が作ったダンスカンパニーなんだそうです。

今回は4人でしたが最初は15人だったり、10人になっていたり結構変動があるみたいです。

ちなみに、以前Mステでドローンとパフォーマンスしたグループも同じELEVENPLAYです。

あの時はドローンが上手く飛ばなかったり不発だったこともあって、今回は大成功という感じでしょうか??

今一番話題のダンサーといっても過言ではないですね。

では4人を一人ひとり紹介してみましょう。

 

1人目は沼田由花さんです。

沼田

出典:http://hameets.com

サカナクションのホーリーダンスなどでもMVに出演しています。

 

2人目は脇坂江梨沙さん。

脇坂

出典:http://hkmtiz.com

星野さんの前回の楽曲SUNにも出演しています。

机で向かい合ってダンスする姿を見たことある人はいるはず!!

 

3人目は篠原沙弥さん。

篠原

出典:http://hameets.com

椎名林檎さんのMVでも主演を務めている実力派ですね。

モデルなどのELEVENPLAY以外での活動もしています。

 

最後の4人目は安川香さんです。

安川

出典:http://hameets.com

みんなあまり表情を変えずに踊られるので、どれがだれだかわかりませんね。

これはあくまでも星野源さんを引き立てるものですから、これもある意味プロですよね。

女性がこれほどかっこよく踊れるって魅力的☆

スポンサーリンク


振付をしたのはどんな人??

この楽曲を振り付けしたのはMIKIKOさんという女性です。

MIKIKO

出典:http://olm2020.jp

PerfumeやBABYMETALの振り付けをしていることで有名です。

最近で一番有名なのはリオオリンピックの閉会式での日本のプロモーションのダンスの振り付けをしたということでしょうか??

人を惹きつけるセンスがありますよね。

MIKIKOさんは広島のアクターズスクールなどで指導していてPerfumeのダンスも指導することになりました。

東京都出身で広島県育ちのMIKIKOさんは地元でダンスを教えていたということでしょうか。

ニューヨークに渡って舞台を学んだり、演出の勉強も本格的にされています。

海外の演出方法も学んでいるからこそオリンピックも世界に認めてもらえるような演出ができたのかもしれませんね。

これからも面白い演出をしてほしいですね^^

 

まとめ

星野源さんの恋について調査してみました。

逃げ恥が回数を重ねるにつれて恋ダンスにハマる人が増えていきそうですね。

激しいダンスとは違って、一生懸命練習すればなんとなく真似できそうなのが、みなさんを惹きつけているのかもしれませんね。

ドラマもこれから恋に発展するのか、契約結婚のまんま進むのかいろいろドキドキしますね。

最後まできっちり見て、恋ダンスにも注目してみてくださいね^^

では今回はこの辺で失礼します( *´艸`)

「恋」の歌詞の意味についても深く考察してみた

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ