恋がしたい!SHISHAMOのおすすめ人気曲ランキングTOP10【動画あり】

SHISHAMO 

ロックに進化したaikoという印象のスリーピースガールズバンド。

可愛らしい声とキャッチ―なメロディー、リズミカルな音楽が魅力のロックバンドですよね! 

神奈川県川崎市出身で、2010年より活動しています。

3人編成のバンドで、ボーカル・ギターが「宮崎朝子」、ベースが「松岡彩」・ドラムスが「吉川美冴貴(みさき)」です。

現在21、20歳で構成されている若いガールズバンド。

ベースは2014年の9月11日まで、「松本彩」さんという方がやっていたようですが、今は松岡彩さんに変わっています。

全国の高校アマチュアバンドが集まる第9回TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2012にて優秀賞とボーカル賞を受賞。

そのごSHISHAMOへと改名し現在に至る。

2016年には日本武道館にて単独ライブ公演を開催するなど、現在注目のアーティストだ! 

そんな彼女たちのベスト10を今日はまとめちゃいます!!

では早速ランキングに行きましょう!

スポンサーリンク

第10位!!「僕、実は」

イントロを聴いただけではガールズバンドっぽい音じゃないですよね。

かっこいいイケイケのアーティストを思わせる音作り。

でも歌詞が可愛いのと、声が可愛くて、女の子らしさが全開!

きゅんきゅんとイケイケロックの融合って感じですね!!

 

第9位!!「宿題が終わらない」

「来ないで明日 来ないで明日

 まだ宿題が全然終わってないの

 だってせっかくの夏休みだもん 遊ばなきゃ!

 来ないで明日 来ないで明日

 きっと皆とっくに終わってるよね

 私一人で先生に怒られるの」

夏休みの宿題が終わらないことを、こんなセンチメンタルに、こんな青春ロックにしてしまえるあたりがSHISHAMOの魅力ですよね!!

歌詞がとっても印象に残る一曲です。

ちなみに私は最初の宿題やるぞー!!ってエネルギーで7割終わらせておいて、あと3割は夏休みの終わりの方で慌ててやるという感じでした。

夏休みって青春ワードですよね。

あー私も夏休みが欲しいです・・・。

 

第8位!!「中庭の少女たち」

PVに出てくる女の子が美少女です 笑 

学園の生徒や店員さん、バス停に居あわせた人などに扮して混ざって登場しています。

ボーカルの宮崎さんは全然高校生でも違和感が無い 笑 

学園生活のすごくキラキラしているところを切り取った歌。

青春って爽やかで、どこか切ないですよね。

「大人になって汚いものを知った時

 君の涙自分のものだと思い合えるかな

 なんて、私だけなのかなあ」

うわあー。刺さるー。

子どもの時殺人事件の報道で、殺された遺族の事を思って涙していた子が居たんですが、

今の世の中そんなピュアでは生きていけないですよね。

なんか大人ってなんなんでしょうって思いにさせられました・・・。

 

第7位!!「第3ボタン」

「下駄箱でいつもトロトロ靴ひも結んでる

 理由考えたこともないのでしょう」

うわー!!!片思いって切ない!!!なんだってSHISHAMOはこんな切ないの書くの美味いんでしょう 笑

割とロックってこういう切ないのをある種淡々とメロディーに乗せて歌うじゃないですか。

だからこそ、歌詞を切り取ってみると結構切ないですよね。

私も片思いがありました・・・。もう学校行きたくないと思いました 笑

今ではいい思い出です。 笑

 

第6位!!「恋する」

基本青春ソングなんですが、きゅん死に確定フラグばっかりの歌詞大量生産しているSHISHAMOですが、さらにそんな感じの曲きました!!これ!!

「ねえそうでしょ

 やばい 本気になっちゃいそう」

シンバルの音がずっと鳴り響いていて、ばりばりロックなんですが、

切ない!!歌詞が切ない!!

「全然好みじゃないのに なぜか君にドキドキするのは

 きっと君が私の人生の中のイレギュラーだから」

好きになった人は好きなタイプと違うってよくありますよね。

説明できないもの。。それが恋です! 笑

スポンサーリンク

第5位!!「熱帯夜」

これまでの青春ソングからは少し系統が変わり、

ちょっと大人の恋愛の曲になっていますね。

3カットに分かれてメンバーそれぞれの生活を映しています。 

「「会いたい、いますぐ。」そう言った私を

「わがままばかり」と 叱って今すぐここに来て」 

こういう曲をスリーピースでやると独特な雰囲気になりますね。

通常はもっと色んな音が入るんですが、ギターのカッティングの音が心地よく、楽曲的には重くないタッチで仕上がっています。

 

第4位!!「量産型彼氏」

とっても自然体な感じのする一曲。

かなりキャッチーでPOPな感じに仕上がっています!

おそらく片思いの男の子目線から、

相手の彼氏に向けて、

「僕でもいいじゃん」 

と言ってる、女の子らしい視点で描いた曲です。

なんだか背伸びしてないんですよね、SHISHAMOの歌って。

だから激しく分かるわあ!!!って感じじゃなくて、染み込むように「うんうん。」ってなっちゃう感じです。

さていよいよSHISHAMOのBEST3の発表です!!!

 

第3位!!「君とゲレンデ」

突っ込んだシーンを描くSHISHAMOのゲレンデバージョン!! 笑 

シーンが結構限定的なので、説得力のある歌詞が魅力ですね。

PVにしやすい曲です。

青春いっぱいですよね。

やっぱりね、男女数人で行く旅行、彼氏彼女になるかもしれないという予感がある人達と行くことほどドキドキすることはないですよね! 

片思い系が多いですが、それだけこれらの曲が上位にくるということは、皆さん報われない想いの恋をしてきたんですね!!(当然私もですが)

 

第2位!!「僕に彼女ができたんだ」

聴いたことがある人も多いのではないでしょうか!

「しゃべりたい 誰かにしゃべりたい

 あの子のことをしゃべりたい」

「僕に彼女ができたんだ それはそれはかわいいんだ

 僕に彼女ができたんだ 今すぐ誰かに自慢したいよ」

これもあるある!!

学生時代って特に、なんか恥ずかしくて隠したいことも、秘密にすることで燃え上がる要素もあって、言いたくないとかってありますよね。

ただ、言いたいけど言えない側からするともどかしいですよね。

頑張れ彼氏!頑張れ男子!

そんな曲です。

あーほんと少女漫画みたいだなー!!

さて、いよいよ第1位の発表です!!

 

第1位!!「君と夏フェス」

恋といえば夏!!

夏といえば夏フェス!!

好きな人と行く夏フェス!!!

もう大興奮です!!!

SHISHAMOの突っ込んだシーンの曲「夏フェス」バージョン!!が第1位となりました!

「止まらないのは私の汗

 それとも君への気持ち?」

夏って数々のドラマが生まれますよね。

なんですかね、夏って燃え上がるような恋よりも、ほんのり切なさの方が印象に残ります。

キャッチ―でPOPな夏全開の1曲!

ぜひ皆さんも一度聴いてみてくださいね!

 

以上、SHISHAMOのBEST10の発表でした!!

推している曲は入っていたでしょうか??

次回もお楽しみに!

 

2016年にブレイクしそうなアーティストをまとめた記事もあるので、良かったら読んでください^^

先取り必至!当サイトが選ぶ2016年にブレイクしそうなアーティストまとめ!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ