スピッツの名曲特集!人気曲&おすすめ曲ランキングBEST 5!【動画あり】

スピッツhttp://pic.prepics-cdn.com

音楽をやっているバンドは、ほとんどが“メジャーデビュー”を果たすことにまず目標をおいていると思うのですが、スピッツはそうではありませんでした。

彼らは、さしてメジャーに重きを置いていませんでした。

ごく一般のノーマル人にしてみれば、「エエッ!?っとなるところですが、それが『スピッツ』なのです。

画像だってほら、顔がよく見えないじゃないですか。

写真撮るのになんで?わざわざそこで?!

それでもこのバンドが数多くの人たちに支持され続けているのは、何故なんでしょうか?

その彼らの持つ“不思議さ”と“魅力”について、絶大な人気を放つ5曲と、私がおすすめする5曲を聴きながら一緒に探ってまいりましょう!

スポンサーリンク

まずはスピッツの人気曲ランキングBEST5!

定番中の定番です。

5曲じゃ足りないけど(^_^;)

第5位 『正夢』

歌詞を読むといろんな風に解釈できると思いますが、私は、現実にはなかなか会えない人に、せめて夢でいいから会いたい、そしてそれが現実となって目の前に現れてくれたらいいな、という願望を持ちながらこの歌をよく聴いています。

作詞をしたマサムネさんは、「リスナーには自由に解釈して聴いて欲しい」といっているので、スピッツの歌はそんな風に、自分なりに解釈して聴くのもいいと思うんです。

『いつかマサムネ~君に会えたら~』・・・???

 

第4位 『渚』

1996年、今から20年前にリリースした曲とは思えないくらい、色褪せない曲。

当時もきっとドライブ中にたくさんの人が「カーステレオ」から聴いていたと思いますが、現在は「Bluetooth」からということでしょうか。

真夏、窓全開、大音量で聴きたいですね。

 

第3位 『空も飛べるはず』

ドラマ「白線流し」を見ていて、聞いたことがある、という方も多いと思います。

『君と出会った奇跡が この胸にあふれてる…♪』

出会ったことが“キセキ”! あ~こんな風に思われてみたいと思いながら、何度聴いたことか・・・

 

第2位 『チェリー』

音楽の教科書にも載ったという曲。

スピッツと聞いてすぐに思い浮かべてしまうのが、やっぱり『チェリー』

嫌いな人、いないと思います。

もしいたら、聴き過ぎてしまった人でしょう。

 

第1位 『ロビンソン』

やっぱりねーという声が聞こえてきそうです^^

スピッツが今まで出した中で最も売れたというシングル曲。

曲を作った当初は、「ボツ曲だ」と思っていたと言い、売れてからも「なぜあの曲が長く売れているのか、と当時抱いた疑問の答えは今でもわからない」と言っています。

ミリオンセラー曲をこんな風にいうなんて、何ともスピッツ、マサムネさんらしい。

 

さあ、次は個人的おススメランキングBEST5!

私の大好きな曲、エンドレスで聴きたい曲。

耳にタコは出来ません!!

第5位 『春の歌』

アルバム『スーベニア』の最初の曲で、CMとのタイアップでシングルカットされスピッツ30作目のシングルとなった曲です。

この透明感のある声、たまりませんね。

そーいえば、うちの冷蔵庫にいつも“ア〇エリ〇ス”入ってるな~

 

第4位 『ホタル』

ギターソロの後、ささやくような優しい歌声が聞こえてきて…という入り方が好きなんだけど、幻想的な光を放つ虫「蛍」も好き。

ジブリ映画の「火垂るの墓」もよく見たな~

北の国からの“蛍”もかわいかったな~ (関係ないか ^_^;)

 

第3位 『けもの道』

ライブでは絶対盛り上がる曲ですね。

スピッツは(誰も信じないと思いますが)最初パンクロックから入ったそうですが、自分たちには似合わないと悟りは早かったようで(笑)

でも、このロックナンバーはとても似合ってます。

サビのところで曲調が変わるところなんか、キャラメル・グ〇コのように二度美味しい感じがします!

わかりづらいコメントでした(^_^;)←深読みスピッツファンにはわかってもらえそう?!

イヤ、冷たい目線を感じる・・・

 

第2位 『夜を驅ける』

イントロからずっと同じリズムを奏でるキーボード(ピアノ)の音が耳から離れなくなり、ずっといつまでもどこまでも聴いていたい・・・・・・

ギターもベースもドラムも歌も、どれをとってもカッコいいの言葉しか見つからない。

 

第1位 『みなと』

今のスピッツを感じたくて、新しい曲を最後に選びました。

でも不思議に新曲なのに新曲に聴こえないというか、なんだかずっと前から聴いていたような気がするんだけど・・・

やっぱり、いい声、いいサウンド、そして不可解な歌詞!

やっぱり スピッツ!そこが好き。

 

スピッツはスピッツ

例えば森の中を歩いていてカブトムシを見つける。するとフツーはわぁ~と近寄っていって、そのカブトムシに夢中になるんだけど、スピッツの面々は、その脇にいる小さな小さな蟻を見つけて、それをじーっと見ている。

そしてニヤリ、あるいはニマ~としながらその蟻の動きを観察している…あくまでも想像ですが(^_^;)

人が注目していないところに、わざとでなく、ごく自然に目がいってしまう人たちなんじゃないかと思うんです。

デビューから数えたらもう30年近く活動しているスピッツ。

同じようなところに目がいく人たちが、スピッツを発見して彼らを見続け、その輪がだんだんと広がり続けていっている、そんな気がします。

暑い夏は苦手で似合わなそうなバンドだけど、透明感のある音は、真夏の青空に何故か似合うんだよな~

やっぱり、不思議。

だから、魅かれる!

スピッツhttp://stat.ameba.jp

耳、尖がってる・・・

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ