島崎遥香の性格は本当に悪いのか?総選挙のスピーチで垣間見せた熱い想い!

E5A4A7E6A98BE381AEE3819EE381BFE38080E5AEAEE5B48EE38182E3818AE38184E38080E5B3B6E5B48EE981A5E9A699EFBC92-66a67

ネットでは度々性格が悪いと言われてしまう「ぱるる」こと島崎遥香。

握手会での塩対応やテレビ出演時の態度から、「性格悪い」と思われがちな彼女ですが、今回の総選挙ではその胸に秘めた想いを打ち明けてくれました。

自身最長の5分間スピーチを行った彼女。
本当に彼女は性格が悪いだけなのか、それともスピーチでの彼女が本当の姿なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

「性格が悪い」と言われている原因

彼女は握手会でも塩対応なことでも有名です。

塩対応というのは、あっさりしていたりそっけなかったりして、好きな人には「しょっぱい」対応のことです。

過去の握手会での塩対応の例
・自分からは絶対に握手しない、ファンから手を握る
・笑顔がなく、「うん」「ありがとう」とそっけない返事
・ついに立つことすらしなくなり座ったまま対応
これはしょっぱいですね…

こういう態度を取られるのが好きな人はいいですが、そうでない人にはちょっと辛いですね。

過去のテレビ出演での態度
・音楽番組でももクロと共演した際、後ろから睨んでいた
・足を組んで座っていた

たしかにこれらだけを見ると、性格が悪いと言われるのも納得がいってしまいそうです。でもどうやら、彼女なりの理由があるようです。

本当は不器用で恥ずかしがり屋。人のことを気にしすぎてしまうぱるる。

実はぱるる、恥ずかしがり屋で人見知りなところがあるため、どう振舞っていいのかわからない時があるようです。

また塩対応をするのは、ファンの人を傷つけたくないという気持ちから来ているそう。傷つけたくないために、遠ざけてしまうときってありますよね。

ぱるるもファンが大事だからこそ、傷つけたくない気持ちから塩対応になってしまうようです。またぱるるは目が悪いため、テレビ出演時はカンペを見るために目を細めることも。

それがたまたま他の共演者越しになってしまうため、睨んでいるように見えてしまったということです。

私も目が悪いので、睨んでいるつもりがなくても睨んでいるように見えてしまうという状態、すごくよく分かります…

スポンサーリンク


後輩想いのお姉さんな一面も

今では大きく成長したAKB、成長すれば成長しただけの苦労が付きまといます。入ったばかりの子たちは、それに耐えられず泣いてしまうこともしばしば。

ぱるるは選抜入りや神7入りしているため、後輩たちとはなかなか会う時間が取れないはずです。

でも後輩が泣いてしまった時はそばに寄り添い、そっと慰めてあげているのです。忙しい中でも優しさや先輩としての務めを忘れない、しっかりとした面もあるのです。

総選挙では熱いスピーチ!心に秘めた本当の想いとは?

今までのスピーチでは1分半に満たないものでした。ですが先日の総選挙では熱いスピーチを披露してくれたぱるる。

本当は、彼女は自分が不器用で人見知りで、アイドルらしい対応を取れないことをとても気にしているのです。

「それでも自分を応援してくれる人に感謝し、少しでも自分もお返しができたら」

そういった想いがひしひしと伝わってきました。

また、高橋みなみの卒業によってこれから転換期を迎えようとしているAKB。

そのAKB第二章ともいえるこれからの自分たちの世代を応援してほしい、そうファンに訴えかけ、スピーチを締めくくっていました。

彼女自身、ずっと変わりたいと思っていた、けれどなかなか変われなかった。しかし高橋みなみの卒業で、もう甘えていることはできないと覚悟したのではないでしょうか。

たかみな卒業の理由と最後の総選挙での歴史的名スピーチ

まとめ

スクリーンショット 2015-06-12 02.48.31

トークアプリ755でも、連日ファンとの会話を楽しむようになったぱるる。少しずつですが、以前の彼女とは違った面をファンに見せ始めています。

秋元康さんも、「これが彼女の本当の姿」と語っているそうです。

せっかく優しくて、思いやりにあふれる性格をもっている彼女なので、これからはたくさんその部分を見せてくれることを願います。

AKBにはあまり興味がない私なのですが、ぱるるは結構好きで、テレビに映っていると見てしまいます。

あの隅っこで震えているハムスターやうさぎのような困り顔がたまりません…

アイドルに必要なかわいらしさや透明感、守ってあげたくなるかわいさを持つ彼女。変わっていこうと決意した今、これからの彼女の成長がとっても楽しみです!

ぱるるの髪型やメイクを真似したい!という方はこちら

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ