大森靖子はメンヘラなのか?椎名林檎と比較するのはナンセンス過ぎる

大森靖子

画像だけ見るとメンヘラ確定!!!

アーティストは大体色んなところが人と違ってて、振り切っている人も多いけれど、メンヘラ方向に思い切って振り切っている感じのする画像です。

ちなみにメンヘラとは何でしょうか。

(以下ニコニコ大百科より引用)

~メンヘラ~

1.誰かに愛情を向けてもらいたい、そんな自分が何より愛おしい

2.誰かに気を向いてもらうためになんでもする「かまってちゃん」行為がベースにある

3.自分という存在がそっぽを向かれるのを何より恐れるが、自分以外の他人がどうなっても知ったことなし

4.一言で言えば、「愛してくれないならここで死んでやる!」

元々は2chのスラング用語で、2ch掲示板にあるメンタルヘルス(心の健康)場所にいるような精神的に病んでいるようなタイプということのようです。

自己中をこじらせたといえば分かりやすそうですね。

大森靖子とは一体何者なのか??大森靖子はメンヘラなのか??椎名林檎との比較については??

さっそく見て行きましょう!!

スポンサーリンク

大森靖子のプロフィール

大森靖子2

こうやって見ると、とってもキュートな女の子ですね!

生年月日:1987年9月18日(28歳)

出身地:愛媛県松山市

学歴:武蔵野美術大学

職業:シンガーソングライター

活動:2008年~

レーベル:2014年よりavex trax

自称「なんでも器用にできる子」。

SPEEDやモーニング娘。、浜崎あゆみ、椎名林檎などを好んで歌っていたそうです。

この世代の人としてはいわゆるど真ん中の音楽が好きだったんですね。

中学校、高校では変人扱いされており、クラスでは浮いた存在だったそうです。もし画像のようなテンションだったら通常の社会では人気者になるかはみ出し物になるかどちらかでしょうね。

大学進学時も他の生徒とうまく馴染めず。

特に公表されているわけではありませんが、大学生19歳のときに友人のイベントの数合わせでギターを持ってライブ出演をしたそうなので、きっと学生時代にギターを始めたんですね。

既にオリジナル曲を書き溜めていたようで、そこで数曲披露したそうです。

毎月ライブを行うようになり、徐々に口コミにて知られるように。

バンド「大森靖子&THEピンクトカレフ」を結成し活動を本格化。2012年以降さらに人気が高まり、ライブ本数も増え、音楽関係者から支持をうけるようになる。

2013年には有名なライブハウス、渋谷CLUB QUATTROを満員にするなど、人気が出たことが分かる。

そして2014年にエイベックスからメジャーデビューを発表した。

という経歴です。

ちなみに、2014年7月に結婚を発表。

2015年10月には第一子の男の子出産。

ハロプロのアイドルファンで、道重さゆみが大好き。秋葉原のハロプロショップでカバーライブも行ったことがあるくらい筋金入り。

絵を描くことが大好き。

 

椎名林檎の影響

彼女もまた椎名林檎の影響を受けたアーティスト世代の1人。

この世代のアーティストは何かと椎名林檎と比較されたり、パクリだと揶揄されたりしてしまうことが多い。

例えばこちらの2人などもそう。

そのため、そういう視聴者に反感する意味合いを込めて、わざわざ自身のアルバムのジャケットを椎名林檎のアルバムのオマージュにするなど、他のアーティストと違いやることが凄い。

こちらがそのジャケット。大森靖子の1stアルバム『魔法が使えないなら死にたい』のジャケット。

魔法が使えないなら死にたい

こちらが椎名林檎の2ndアルバム『勝訴ストリップ』。

勝訴ストリップ

確かに。ある意味椎名林檎への敬意と、決別、そして世の中に対してのメッセージを強く感じる作品に仕上がっている。

彼女自身は大して歌を聞かず、すぐ椎名林檎のコピー扱いする人々や、そういう売り方をするレコードレーベルの戦略によって新人歌手が潰されてきたと感じており、その考え方が音楽業界の衰退を招いていると考えている

10代の才能だけで上がってきた人と違い、色んなことを考え抜いて自身のカラーをアウトプットしている印象を受けますね。とても好感をもてます。

スポンサーリンク

大森靖子のおススメ曲

さて、前置きが長くなりましたが曲を知らない人に向けて、代表曲とおススメ曲をピックアップしちゃいます!

「絶対彼女」

大森靖子「絶対彼女」Music Video

自分にとことん向き合って、磨いて、もがいて、そして大森靖子として生きていくことを全力で営んでいる。そんなことを感じました。

実際に彼女に勇気をもらっている人が多くいるのでしょう。

歌詞を見ても、赤裸々に自分自身のことが描かれているように感じます。

メンヘラというジャンルを作ると、確実にメンヘラであることは間違いありません 笑

ただ、その弱さも、こうなりたいという思いも、自己との向きあいも、とても身近に感じます。(私もメンヘラかもしれないですね 笑)

『ミッドナイト清純異性交遊』

大森靖子『ミッドナイト清純異性交遊』Music Video

あの現在大活躍中の女優、橋本愛が主演のMusic Video。

こちらは情景的な音楽になっています。

自身の恋愛感や、乙女な気持ち、わがままな想いなどを赤裸々に歌っています。

青春を感じずにいられない作品。

歌詞の中にiPhoneが登場するなど、現代の音楽だなと感じます。

全体的に歌詞がキラキラした単語やカタカナで書かれる割合が多いように感じますね。

「魔法が使えないなら」

大森靖子「魔法が使えないなら」PV

キラキラ感を無くして、メンヘラ感とさまだるさのチャンネルをフルに回したテイスト。

28歳とあって、少女のようなキラキラさはないですが、これまでの星があちこちにちりばめられている世界観の音楽に比べて、心の芯にくる感じ。

なんか生々しいというか、背伸びしてない、これからの大森靖子って感じがします。

なんだかしびれました。

 

大森靖子まとめ

  • 大森靖子は紛れもなくメンヘラ
  • ハロプロ大好き
  • 椎名林檎に影響を受けながら、揶揄してくる連中に対して反撃中
  • 女子のありのままを赤裸々に語った歌が多い

今後の活躍に期待です!!

 

作品情報

 

あなたへのおすすめ

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ